>

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fMRIスキャンで心が“読める”?

2008-12-21の記事の続編です。    

最近発表されTV Newsでも放送された!人の災難を喜ぶいじめっ子の脳に続きドンドンこの手の記事が増えて来ました。

一日も早く集団ストーカーハイテク犯罪や思考盗聴犯罪等の人権侵害及び重犯罪の解決を被害者として望みます。

fMRIスキャンで心が“読める”?  と言うニュースが新たに発表されました。
ナショナルジオグラフィック ニュース fMRI(機能的核磁気共鳴画像法)という技術を使うと、人の思考を驚くほどの精度で読み取ることができるという。

磁場と電波を用いて生体内部の情報を画像化するMRIは、いずれ人の心まで読み取れるようになるのだろうか。

新しい研究によると、MRI装置の進化型であるfMRI(機能的核磁気共鳴画像法)という技術で脳の機能を画像化すると、人の考えが驚くほどの精度でわかるという。

 実験は、まず2つの異なる模様を被験者に提示し、その後どちらか一方を心に思い描いてもらうという方式で行われた。そして11秒後にfMRIで脳をスキャンし、各被験者がどちらの模様を記憶に留めているか予測したのである。その結果は80%以上という驚くべき的中率だった。

 fMRIの画像データから血流を測定することで、活性化しているニューロンのグループを特定できる。アメリカのテネシー州ナッシュビルにあるヴァンダービルト大学の教授であり、今回の研究を主導した神経科学者のフランク・トング氏によると、視覚野には縦方向の模様と関連が強いニューロンと、横方向あるいは斜めの模様と関連しているニューロンがあるという。

被験者の思い浮かべる模様を予測できたのは、ニューロンにこのような機能の違いがあるためである。「脳の視覚にかかわる部分は、能動的な記憶にも関与していることが判明した。これは今回初めて確認されたことだ。おそらく、視覚野の非常にかすかなレベルの活動によって、直前まで視覚に存在した情報が保持されているのだろう」とトング氏は言う。

同氏の研究は2月18日付の「Nature」誌オンライン版に掲載された。

 ニューヨーク大学医学部で放射線医学を研究しているヘンリー・ルシーネック氏によると、一次視覚野(V1)は脳のほかの領域とは独立して複雑な機能を果たしていると考えられているという。例えば、意識の集中などだ。一次視覚野は目から視覚信号を受け取り、その信号を高次の視覚領域へと送り出すという役割を持つ。

 ルシーネック氏はこの研究について、「V1を中心とするネットワーク、つまり目から離れた位置にある少数のニューロンに短期的な記憶力があることを示す説得力のある証拠だ」と賞賛している。

ナショナルジオグラフィック ニュースより引用


是非被害者以外の方にも興味をお持ち頂き、こういう犯罪が既に存在する事と誰もが被害に遭われるか、既に犯罪者に心を覗かれてるかもしれません。

興味をお持ちの方は早すぎる?おはなし を購入して是非読んでみて下さい。
被害報告日誌1
現在進行形の未知の犯罪が書かれています。

↑ ↑ ↑
【クリック協力お願いします】
スポンサーサイト

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

«  | HOME |  »

プロフィール

NIGHT 01

Author:NIGHT 01
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

未分類 (0)
集団ストーカー犯罪 (2)
創価犯罪 (6)
左翼 (1)
社会事件 (1)
ネット犯罪 (2)
審議録 (1)
選挙 (2)
経済危機 (1)
テレビ (2)
組織的つきまとい被害者 (1)
総理大臣 (2)
組織的つきまとい (1)
国籍法改正 (3)
被害記録日誌 (1)
テクノロジー犯罪 (6)
サイバーテロ (1)
集団ストーカーブログ リンク (1)
ご挨拶 (1)
政治ニュース (1)
書籍紹介 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。